【ADCEED®︎ -アドシード-】とは、一般社団法人 抗菌製品技術協議会のSIAAマークを取得し認定した【抗菌】・【抗ウィルス剤】・【消臭剤】です。

  • ※SIAAマーク取得は、抗菌剤および抗ウィルス剤のみです。

他の同様材料との大きな違いは、光触媒等とは違い酸化還元反応を応用した製品のため、光のない暗闇でも酸素さえあれば十分な効果を発揮できます。

また、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)にも有効的な効果が認められています。

  • ※2022年4月の試験結果

ADCEED®︎ -アドシード-は菌や化学物質の分解によって悪臭やシックハウス症候群が発生を軽減することを目的に商品開発された株式会社クレセントの自社製品です。

抗菌抗ウィルス 

SIAAマークを取得し、高い抗菌性・抗ウィルス性で有害な細菌の活性化を大幅に抑制!

抗菌・抗ウイルス効果 99.99% 以上!

※抗ウィルス加工は、製品上の特定ウィルスの数を減少させます

※抗ウィルス加工は、病気の治療や予防を目的とする物ではありません

※SIAAの安全性基準に適合しています

消臭

悪臭の原因である有害物質や細菌を、酸化により分解!

95% 以上減少!

安全性

レドックスは全て食品添加物で構成されているため、お子様やペットがいるご家庭、病院、介護施設などでも安全にご使用いただけます。



  • 急性経口毒性:LD50>2,000mg/kg
  • 皮膚への刺激性:弱い刺激性程度
    P.I.I(一次刺激性指数):2.00未満
    P.I.I(一次刺激性指数)=0.00
  • 変異原性:突然変異誘起性は陰性
  • 皮膚感作成:陰性

持続性

空気中の【酸素・水】により酸化還元反応を繰り返すことで長期効果が持続します。

メーカーの持続効果試験では、施工後24時間後より3年〜5年間としています。

  • ※使用状況や環境によって異なります。
ルミテスターによる施工前後のテスト
施工前(トイレ入口のドアノブ)
こちらは状態を可視化する【ルミテスター】を使用して数値化したものです。
施工後(2日後)
レドックス施工の2日後に、再度【ルミテスター】で数値化した結果です。3日間は大人2人、子供2人で普通に使用した状態で特にアルコール等での消毒などはしていません。また、試験前は濡れたタオルで拭いただけです。
さらに10日後(施工後12日後)
2日後と同様に一般的な使用頻度で、試験前に濡れたタオルで拭いただけです。アルコール等は一切使用していません。

この様に高い持続性があり、施工後は水吹きだけでも十分な効果を発揮しているのがわかります。そのため、アルコール消毒液の使用頻度の軽減による経費節減やアルコールによる肌荒れの軽減にもつながります。

なぜ【抗】なのか?

なぜ、殺菌や滅菌ではなく、抗菌・抗ウィルスなのか?それは、人には常在菌が必要になってくるからです。その為、どんなに材料の塗布量を増やしたり複数回の重ね塗りをしてもテスターの数値が【0】にはなりません。

主な仕様用途

身の回りの様々な箇所への施工が可能となっています。

例えば、

  • 自動車の車内全体(特に人の触れるハンドルやシート、シフトレバーなど)
  • 集客施設のエレベータースイッチ廻り
  • 映画館や野球場などのシート、ボウリング場のボールやカラオケのマイク
  • ホテルや旅館などのスリッパやリモコンなど、またレストランや居酒屋のテーブルなど頻繁に色んな人が触れる箇所
  • 自宅や集客施設のドアハンドルやトイレ便座
  • ゴルフ場カートのハンドル
  • 消臭目的として、カーテンやソファー、壁紙やエアコンフィルターなど

と、施工場所を上げるとかなりの箇所が施工可能となっています。

  • 劇場・映画館
  • 病院・ホテル
  • 公共交通機関
  • リフォーム

施工方法

一般的な施工方法として、スプレーガンによる吹き付け施工となります。専用スプレーガンを使用し、ミスト状の細かい粒子状態で吹き付けることにより均一にしかも密着よく施工する事が可能となります。また、施工箇所が変色したり艶が出たりという事もないので広い面積を部分的に施工することも可能です。

  • ※但し、塗布量が多い場合、一部壁紙などで変色する恐れもあります。

認定施工店

施工が出来る業者ですが、施工の証として、施工箇所にSIAAマークを掲示したい場合は認定施工店である弊社での施工でしか対応できませんが、SIAAマークを必要としない箇所への施工の場合は材料の販売も可能となっております。

  • ※材料販売のみの場合は、使用条件を記載した覚書を交わす必要があります。
  • お気軽にお問合せください。

下記の会員証明書を有する会社でなければ施工および販売ができません。

 

ルミテスター

※ウィルスを測る事はできません。

食品関連企業など様々な箇所で、汚れや菌を可視化する為に使用されています。その為、レドックスの施工前後の状態を可視化するためにも使用されるテスターです。

実際は菌だけでは無く、周りの汚れなども一緒に測定してしまう為に【菌だけを測る】為には正確ではありません。しかし逆に計測された数値以下の量だという事が解ります。

ルミテスターを販売しているキッコーマンでは、0〜500でOK、501〜1000で要注意、1001〜で再施工としています。

リーフレットダウンロード・見積り依頼・質問事項

※入力いただいた情報は、ADCEED®︎ -アドシード-以外の目的では使用致しません。
※弊社担当者より、ご連絡をさせて頂く場合があります事をご了承願います。
※3営業日以内に折り返しのご連絡がない場合は、お手数ですが弊社へお電話ください。